居宅介護支援事業





     居宅介護支援事業とは…

              介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が
          心身の状況や生活環境、ご本人様・ご家族様の希望等を聴き取り、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり
          ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整を行います。

            訪問看護事業所と併設していますので、医療的に重度の方・看護師の訪問が必要な方の対応を
              迅速に調整いたします。

            いずれの方でも、まずはご相談ください。
     

       

業務内容


       
 ●  介護に関わるご相談、要介護認定申請の手続き代行
  ● ケアプラン(居宅介護サービス計画)の作成
  ●  介護サービスを提供する居宅サービス事業者および介護福祉施設との連絡調整
  ● 医療機関、区市町村、その他関係機関との連絡調整
  ●  居宅サービス利用時の苦情や疑問の受付対応
   給付管理

                

              ケアプランとは…

             ご利用者様・ご家族様の状況や要望にもとづいて、ご利用様が「これからどのような生活を
      送りたいか」などの目標を設定し、その目標にむけて利用するサービスの種類や頻度を決めた
      計画書のことです。
      要介護認定を受けて、介護保険サービスを利用する際に必要となります。
               
               

          *ケアプラン作成の費用は全額介護保険で負担しますので、利用者様の負担はありません
 

                         
ご相談は      042-312-4188